さ入れ言葉

「OOさせていただきます」と言うと、とても丁寧な言い回しに聞こえるので、どんな動詞にもつける人がいます。
本来、五段活用の動詞には、「せていただきます」がつくので、この「さ」は不要なのです。

このような、不要な「さ」が入った表現を「さ入れ言葉」とも呼びます。

◆例

  • 「取らさせていただきます」⇒「取らせていただきます」
  • 「預からさせてください」⇒「預からせてください」
  • 「急がさせてすみません」⇒「急がせてすみません」
  • 「見させていただきます」⇒「見せていただきます」
  • 「行かさせてもらいます」⇒「行かせてもらいます」

 など

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.keigo-bijin.com/MT5/mt-tb.cgi/107

コメントする